はじめての格安航空券!利用の際の注意点とは

はじめての格安航空券!利用の際の注意点とは

■「搭乗券」及び「時刻掲示板」は撮影用にデザインした架空のものです。イメージです。

旅行券は安くてもサービスが有料の場合が多い

格安旅行券は、航空会社が旅行会社向けに大量のチケットを卸していたものであり、それを個人が買えるようにとばら売りしだしたものです。そのため、旅行券自体は非常に価格が安く、費用を抑えて飛行機に乗って海外や国内の遠い場所に行く場合には非常に便利ですが、様々な注意点があるのでよく知っておかなければなりません。格安旅行券を購入した場合、旅行券自体は非常に安いのですが、客の格としては一番下に当てはまるため、サービスが充実しておらず有料となるものが多いです。機内に持ち込める荷物ひとつでも有料となることもあれば、重さを1グラムでもオーバーすれば追加料金を支払わなければならないといった事態もままあります。さらには、多くの場合機内食や飲食物は無料サービスのことが多いですが、機内食や水のいっぱいであっても有料であるので、通常の旅行券を購入したときと同様のサービスを求めると、より費用が掛かる可能性もあります。

融通がききにくいので注意

格安旅行券は、多くの場合旅行会社からのツアー旅行券のあまりの旅行券であることもあり、日程があらかじめしっかりと定められています。つまり、行きと帰りの日程をあらかじめ決めておいてしまうと、たとえ何らかの事故により急なキャンセルとなった場合でも日付の変更はすることができません。再び格安旅行券が手に入れるかどうかも分からないので、融通がききにくいということがデメリットです。また、格安旅行券という名称ではありますが、シーズンごとにその値段の変動が激しいということもあらかじめ了承しておかなければなりません。旅行会社からの卸しのバラ売りのチケットであるので、旅行の日程が入りやすい週末や観光客が多いシーズンなどはあまり安くなりません。